健康や美容に役立てたいフコイダンサプリ

昆布やわかめ、もずくといった海藻類の表面はヌルヌルしています。これは多糖類という食物繊維で、海藻が自らの傷を修復するために持っている特有の成分です。この成分はフコイダンと言って、健康や美容に良いということで、医療分野でも注目されています。具体的には、免疫力の向上、胃を守る健胃作用、抗アレルギー効果、肝機能向上、などです。食物繊維の成分なので、腸の状態が整えられることでお通じが良くなり、美肌効果も期待できます。特に期待されているのががん予防やがん治療に対しての効果で、がん細胞の勢いよりも体の免疫力を高めることで患者の体の中でがん細胞が増殖するのを食い止めるために使われることもあります。健康な人でも、がん予防のために積極的にサプリを使う人も増えています。

選ぶときに大切なのは分子のサイズ

フコイダンのサプリを選ぶときに重要なのが、分子のサイズです。もともと多くの糖が結合した形をしていますが、この結合を断ち切って吸収しやすくしたのが低分子です。一方、そのままのサイズで残したのが高分子です。どちらが良いというのがよく議論になりますが、結論から言えばどちらでも大きな差はありません。ただ、あまりにも分子のサイズが小さすぎると本来の力を発揮できないことがあるので、抵抗力のサポートとして使うのであれば高分子の方が適しています。免疫細胞で重要な役割を果たすNK(ナチュラルキラー)細胞やマクロファージを活性化する作用が動物実験で確認されています。人に対しては、がんの代_x0008_替療法として使われることも増えており、抗がん剤や放射線治療と併用して良い成果をあげているという報告もあります。

生活習慣病対策でも期待されている

フコイダンは、がん予防や治療の分野以外にも生活習慣病対策にも期待されています。高血圧や脂質異常症、糖尿病といった病気は、日々の食習慣や運動習慣の乱れによって起こります。これらの病気は合併しやすく、合併症によって死に至るケースも少なくありません。これに対して、サプリを使うことで、血液の中の過剰なコレステロールや中性脂肪が低減されたり、血液が固まってしまう血液凝固を抑制するなどの効果が期待できると言われています。また、血中のブドウ糖濃度が高くなって神経や血管を傷つけてしまう2型糖尿病に対しても、血糖値の上昇を抑える作用が働いて病気の進行を抑えたり、予防につながります。これだけを摂取すればいいというわけではありませんが、生活習慣を改善しながら使えば効果が期待できます。